MA-T(Matching Transformation system)とは、酸化制御技術のため、活性化の強弱を制御することで広範な 応用展開が可能な仕組み(システム)です。
大阪大学にてMA-Tの水性ラジカル生成機構が解明され、制御された水性ラジカルが必要な時に必要な量だけ生成する仕組みです。(下部イメージ図)

●噴射対象に菌やウィルスがいた場合

●水性ラジカルが菌やウィルスにぶつかることで除菌し、消費。

●水性ラジカルが消費されると新たに水性ラジカルが一つ生成され、菌やウィルスなどが無くなるまで水性ラジカルが順次生成。

 

MA-Tの特性

1.高い安全性

高い除菌力と高い安全性を両立した新しい除菌システム。
従来の常識では、安全性と除菌力はトレードオフの関係でしたが、安全性を重視して開発されたMA-Tは従来の除菌剤の課題を解決しました。

 

2.確かな効能

たばこ臭や接着剤、ネイルリムーバーのような化学的で特異な刺激臭にも効果を発揮します。

3.長期保存が可能

製造から3年の保存が可能です。

 

MA-Tと他の除菌剤の特徴比較

MA-T System SUGOMIZU

それは全く新しい洗口液です。
口中の浄化・口臭予防に優れ、定期的なご利用で口腔内を清潔に保ちます。

SUGOMIZUマウスウォッシュは、アルコール、香料は一切使用しておりません。お子様からご年配の方まで優しい使い心地でお使いいただけます。
●毎日のブラッシング前後のすすぎに
●大切な人と会う前に
●食後の口臭ケアに
●リフレッシュしたい時に
●毎日の口腔環境の維持に

PAGE TOP